KOEOTO

【KOEOTO】山寺宏一
 

映画における「吹替え」はとても重要な要素だと思います。そもそも映画は「映像」と「音」で出来ているわけで、その「音」の部分を全面的に担うわけですから。どんなにオリジナルの俳優が素晴らしい演技をしていても、それを声優が台無しにしてしまうことはある意味簡単です。でもより良くするのは難しい。その意味でも声優の責任は重大だと思います。
一方、アニメの場合は吹替えと違い「オリジナルの音」が無いので、自由である反面、難しいですね。ただその分、ゼロから演技プランを考えて、現場で共演者やディレクターと作り上げていく楽しさがあります。自分の役どころを読み込んで、しっかり演技をすること。想像力が大事ですね。

僕が吹替えで目指しているのは、視聴者が「吹替えである」ことを意識しないで見られるような作品。見終わってから「あ、そういえば日本語だったな」と気がつくぐらいがいいと思うんです。誰が声を演じているのか気にしないで見てもらえたら最高ですね。でもその一方で、この作品では誰がどの役を吹替えたか、というデータはちゃんと記録しておいてほしい、という気持ちもあります。この辺はジレンマですが。最近はデータ放送という便利なシステムもあるので、声優やスタッフのクレジットが全部その場で表示できたりするようになれば嬉しいですね。


❖選ばれた以上、最大限の努力を

─山寺さんにとって「吹替え」の真髄とは何でしょう?

声の仕事をするうえで意識しているのは「とにかく楽しまなければいけない」ということ。ベテランの声優の方から、昔の現場では「共演者にいかに受けるか」が大事だった、とよく聞きます。その現場の楽しさを内輪受けで終わらせずに、キチンと視聴者に伝えることができれば最高ですね。今は自分もそれなりの年齢になってきたので、率先してそういう現場を作りたいと思っています。やはり本番が一番楽しいですから。家で台本をチェックするのは大変ですが、その結果を共演者やスタッフの前で演じてみて、反応が返ってくるのは本当にうれしいです。褒められると張り切るタイプなので(笑)。その分、反応が薄いとすごく凹みます。

自分では、「これが山寺宏一のキャラだ」というのはないと思っているので、だからこそ、難しい役を振られて「山寺なら何とかするだろう」と言われるのはうれしい。自分のどこが買われたのか、共演者の方とも探りながらいろいろやってみて、ディレクターの期待以上のものを出したいですね。なかなか難しいけれど楽しい作業です。今は声優の数も多いし、声優以外でも俳優の方や、極端な話、全くの素人の方でも「声を入れる」という作業自体はできるわけです。その中から自分が選ばれた以上、最大限の努力をして期待に応えたい。当たり前ですが、一番大事なことだと思います。

吹替えというのは、ある意味で無理な仕事だと思うんです。外国語の口の動きに日本語を合わせるのは、絶対に完璧にはいかない。それを専門職としてやる以上、役者にできることは良い芝居を最適なタイミングで演じることだと思います。
そうやって作った吹替え作品を見てくださる皆さんには、心から感謝しています。ぜひ作品を御覧いただいて、その感想をどんどん発信してください。気が小さいのでけなされると凹みますが(笑)。そうやって吹替え版に注目が集まっていくのは、業界にとってもプラスになると思います。そうしたファンの皆さんの声に応えられるよう、これからも努力していきます。

 

PROFILE

山寺宏一 山寺宏一
(やまでら こういち)

1961年 宮城県生まれ。アクロス・エンタテインメント所属。
大学卒業後の1984年、声優を志して東京俳優生活協同組合の養成所に入所。修了後の1985年にアニメ「メガゾーン23」でデビュー。
以後、声優としてアニメーションや外国映画の吹替えはもちろん、バラエティ番組の司会、ラジオのDJ、映画・ドラマへの出演、歌手としてアルバムをリリースする等、幅広く活躍中。

○主な出演作品○
【外国映画吹替え版】
「マスク(ジム・キャリー)」「ファイト・クラブ(ブラッド・ピット)」
【アニメーション】
「それいけ!アンパンマン(チーズほか)」「カウボーイ・ビバップ(スパイク)」
【映画】
「二十世紀少年最終章 ぼくらの旗(コンチ)」「みんなのいえ(青沼菊馬)」ほか

【KOEOTO】バックナンバー

Vol.04_田中英行
Vol.03_本田保典
Vol.02_戸田奈津子
Vol.01_山寺宏一

お問い合わせ

〒160-0004
東京都新宿区四谷三丁目8-9
三井ビル5階
TEL:03-3350-1951
FAX:03-3350-1953
E-mail:info@onseiren.com