現場のお仕事〈外画吹替制作〉

★VTRフォーマット編集
テレビ放送用の場合は、放送時間に合わせて映像の編集が必要。民放地上波などではCM用のブランクを挿入。それらの箇所は基本的には演出家が決定し、ヨウガ君はその指示のもとスタジオ作業を手配する。ビデオ作品も各社の発売フォーマットに合わせて編集。
オープニングやエンディングにキャストやスタッフのクレジットタイトルを入れたり、作品中に地名、年号等の字幕テロップを入れることもある。
 
 
★台本の印刷発注

翻訳者の翻訳に演出家が手を加えた原稿と、キャスト表などを台本印刷所に渡し、印刷・製本する。できあがった台本とビデオを事前に声優さんに渡し、役作りをしてもらう。
ヨウガ君が台本の印刷を発注し、台本の準備ができたら各声優さんの事務所に連絡。

 
★アフレコ
録音スタジオで、演出家の指導のもと声優さんが映像に合わせて演技し、その音声をミキサーが録音する。通常の長編映画では、適当な長さのシークエンスごとにテスト・本番を繰り返し、全編をほぼ1日で収録する。
ヨウガ君はその場に立ち会い、不適切な表現はないか、アクセントがおかしくないかなどについても、いま一度確認していく。声優さんのスケジュールによって、アフレコの段取りを考えることも。

音声制作について

お問い合わせ

〒160-0004
東京都新宿区四谷三丁目8-9
三井ビル5階
TEL:03-3350-1951
FAX:03-3350-1953
E-mail:info@onseiren.com